Travel in India インド農村生活と一人旅


 インドのお金・両替・トラベラーズチケット


 インドに行くときのお金について


インドの通貨はルピーです。今は1ルピー2.7円くらいになっています。(最新の為替レートはこちらで確認できます。)

日本国内ではインドルピーに両替できないので、日本からはドルを持っていきます。その際、現金は1-2割程度にして、あとはトラベラーズチェック(以下T/C)にしていきましょう。インドでは盗難に遭うことがしょっちゅうなので、再発行の効くT/Cのほうが安全だからです。
T/Cを作るときはなるべくマスターカードのものがいいです。(成田空港でつくるとマスターカードになります。)というのも、私はCITI BANKでT/Cを作っていったのだけれど、CITI BANK以外の銀行では扱ってくれませんでした。しかもCITI BANKでさえ、「日本に口座を持っているのか!?」と聞かれ、あまり歓迎されませんでした。そのときは「口座ぐらいもってるわい!」と言い返しましたがもちろん持ってませんでした(笑)マスターカードのT/Cなら、銀行以外にもトーマスクックという英系旅行代理店などでも両替が出来ます。

普段はT/Cで事足りるのですが、ネパールの入国時やタージマハールの入館料を払うときにまれにドルが必要となります。少しドルでもっていくといいですね。でもドルからルピーに替えるときのレートは、現金よりT/Cのほうがドルあたり1ルピーくらいお得ですので、大半はT/Cのほういいと思います。

 CITI BANK (シティバンク)


CITI BANKの口座を作っていってむこうでおろすこともできます。しかし私の見た限り、カルカッタやデリーのような大都市にはATMがあるけれど、ブッダガヤやバラナシにはありませんでした。

 インドの紙幣


インドのお金はコインが1ルピー、2ルピー、5ルピー、紙幣が10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピーです。たまに古い5ルピー札とか1ルピー札にも出会えます。(大抵はかなりボロボロになってるけれど。)
インドの人達はお札をホッチキスでまとめてるので(笑)紙幣には穴があきます。でも端っこまで破れていなければ大丈夫。端っこまで破れてるとお店とかでも使えなくなってしまうから(っていうか嫌がられてしまうので)銀行などでとりかえてもらいましょう。
インドの今の公用語は15カ語。昔は13だったのだけれど、最近パキスタン系の3つの言語が加わったそうです。

 インドのお札画像


インドのお札画像

*ちなみにインドのお金は国外持ち出し金ですが参考までにもってきました。
同じ金額でも何種類ものお札があるので、お札の画像に興味のあるからはどうぞ♪



インド[農村生活と一人旅 メニュー

はじめてのインド
○インドに行くことにした
○お世話になったNGO Dakshinyan
○インドに行く準備・持ち物
○成田からインドデリーに到着

インドあれこれ
○インドのお金・両替・T/C
○(参考)インドのお札画像
○インドの物価
○インドの列車には注意!
○インドの神様の絵

インド農村生活
○村に行くまで
○村はこんなところ
○村の人々・暮らし・文化
○マーケット
○祭り
○Dakshinayanのしてること
○子供たち
○食事・風呂・トイレ・部屋
○英語を教えるボランティア
○私の一日
○一人でのカルチャーショック
○インドーパキスタン情勢
○村で危険な目にあった事/村を出る

インド旅行生活
○Delhi(デリー)1
○Delhi(デリー)2
○Delhi(デリー)3
○Calcutta(カルカッタ)
○Budhgaya(ブッダガヤ)1
○Budhgaya(ブッダガヤ)2
○Varanasi(バラナシ)1
○Varanasi(バラナシ)2
○Varanasi(バラナシ)3
○Varanasi(バラナシ)4



Contents Copyright(c)2001KANA-TIME All Right Reserved 管理人@KANA
画面は600×800以上で、なるべく最大表示でご覧ください。





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO