Travel in India インド農村生活と一人旅

 

 お世話になったNGO Dakshinyan


 Dakshinayanとの出会い


インドの団体を検索するのも飽きてきた頃、あるボランティア募集ページのほんの隅っこにDakushinayanへのリンクを発見しました。彼らはインドのNGOで、ある農村で教育プロジェクトを行っていました。教育こそが農村の人々をエンパワーできると信じて、Jharkand州の3つの地域で学校を開いているとのことでした。(Dakshinayanの具体的な村での活動は別のページで紹介)
後から聞いたところ、Dakshinayanは最近日本の本で紹介されたらしく、過去の日本人の参加者がけっこういました。他にはイギリス人、ドイツ人、オーストラリア人、アメリカ人など様々。

参加費は始めの月が$250、その後は月$200、住居食事込みです。
Dakshinayanのプロジェクトはすべてこのボランティア参加費で運営されていて、他からの支援を一切受けていないとのことでした。
高いのか安いのか?インドでは$250は大金で、1ヶ月は余裕で旅行できる金額です。でも、NGOのボランティアプログラムは高いものも多いのし、自分の行きたいプログラムを見つけられたのはラッキーだと思ったので、私には安く感じました。

過去の日本人の参加者にメールで村の様子を聞いて、持ち物などの情報を教えてもらいました。






*DakshinayanのHP

*プロジェクトのあったJharkandの位置



インド[農村生活と一人旅 メニュー

はじめてのインド
○インドに行くことにした
○お世話になったNGO Dakshinyan
○インドに行く準備・持ち物
○成田からインドデリーに到着

インドあれこれ
○インドのお金・両替・T/C
○(参考)インドのお札画像
○インドの物価
○インドの列車には注意!
○インドの神様の絵

インド農村生活
○村に行くまで
○村はこんなところ
○村の人々・暮らし・文化
○マーケット
○祭り
○Dakshinayanのしてること
○子供たち
○食事・風呂・トイレ・部屋
○英語を教えるボランティア
○私の一日
○一人でのカルチャーショック
○インドーパキスタン情勢
○村で危険な目にあった事/村を出る

インド旅行生活
○Delhi(デリー)1
○Delhi(デリー)2
○Delhi(デリー)3
○Calcutta(カルカッタ)
○Budhgaya(ブッダガヤ)1
○Budhgaya(ブッダガヤ)2
○Varanasi(バラナシ)1
○Varanasi(バラナシ)2
○Varanasi(バラナシ)3
○Varanasi(バラナシ)4



Contents Copyright(c)2001KANA-TIME All Right Reserved 管理人@KANA
画面は600×800以上で、なるべく最大表示でご覧ください。





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO