Travel in India インド農村生活と一人旅




今の私に大きな影響をあたえたインドでの生活です。
水道も電気もない農村での生活し、NGOのボランティアとして先住民族の子どもたちに英語を教えていました。強いカルチャーショックをうけたことも、危険な目にあったことも今となれば良い経験です。
村を離れてからインド各都市を一人旅。毎日が「不思議なこと」との出会いでそれから心はインドの虜に。
Travel Information

■日程: 2002年5月4日〜7月17日
■使用航空会社: エアインディア
■同行形態: 1人(いわゆるバックパッカ-)
■目的: 
英語を教えるボランティア・インド一人旅
■予算: 
持参金10万円 航空券3ヶ月OPEN 73000円(東京から)
■日程:
  5月4日  デリー着
  5月9日  農村のNGO活動場所へ移動
  6月21日 農村からカルカッタへ移動
  6月28日 カルカッタからブッダガヤへ移動
  7月3日  カルカッタからバラナシへ移動
  7月13日 バラナシからデリーへ
  7月17日 帰国



 はじめてのインド(テキスト中心)


 インドあれこれ(テキスト中心)

○インドに行くことにした
○お世話になったNGO Dakshinyan
○インドに行く準備・持ち物
○成田からインドデリーに到着

○インドのお金・両替・T/C
○(参考)インドのお札画像
○インドの物価
○インドの列車には注意!
○インドの神様の絵

 インド農村生活(テキスト+写真)

 インド旅行生活(テキスト+写真)

○村に行くまで
○村はこんなところ
○村の人々・暮らし・文化
○ マーケット
○祭り
○Dakshinayanのしてること
○子供たち
○食事・風呂・トイレ・部屋
○英語を教えるボランティア
○私の一日
○一人でのカルチャーショック
○インドーパキスタン情勢
○村で危険な目にあった事/村を出る


○Delhi(デリー)1
○Delhi(デリー)2
○Delhi(デリー)3

○Calcutta(カルカッタ)

○Budhgaya(ブッダガヤ)1
○Budhgaya(ブッダガヤ)2

○Varanasi(バラナシ)1
○Varanasi(バラナシ)2
○Varanasi(バラナシ)3
○Varanasi(バラナシ)4

 Dakshinayanに参加される方へ

今までDakshinayanに参加する前に質問してきた方への回答をのせてあります。

○荷物について
○空港からDakshinayanまでについて
○村までどうやって行くか
○英語力について
○村でなにが買えるか
○インターネットはできるか
○むこうでの連絡手段について
○村でかかるお金について

○デリー観光について
○デリーにいる間の宿泊について
○安宿にとまることについて
○ガイドブックについて
○Dakshinayanオフィスは何人?
○国内連絡先рノついて
○期間変更について
○フォームや航空券について

 インド便利リンク


 

  
     TRAVEL &STUDYに戻る

Contents Copyright(c)2001KANA-TIME All Right Reserved 管理人@KANA
画面は600×800以上で、なるべく最大表示でご覧ください。





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO